Laboratory of Content-oriented Computational Culture & Arts

関西大学総合情報学部 文化芸術計算機科学研究室

WHAT WE DO on April 2022

【研究活動報告】山西良典准教授が【クリエイターと技術の共進化について語る~AI研究の観点から読み解くプロジェクトセカイ~】に登壇 【2022年度 専門演習開始】3年生の新メンバー12名が研究をスタート CCCA -Lab […]

Read More »

WHAT WE DO on February 2022

CCCA -Lab 2021メンバーによる、現在進行中の研究テーマの概要を順にご紹介いたします。 学部3年 曲の盛り上がりを検出するための音楽ゲームを用いた譜面自動生成 コンテンツの充実により,身近になっている映像制作. […]

Read More »

WHAT WE DO on January 2022

CCCA -Lab 2021メンバーによる、現在進行中の研究テーマの概要を順にご紹介いたします。 学部3年 スポーツの試合に関する投稿・コメントの試合イベント時系列との対応付分析 スポーツ観戦において、観戦者の中で、その […]

Read More »

WHAT WE DO on October 2021

2022年度の専門演習決定のためのオフィスアワーが開催されました。  期間中、48名の参加があり、先生から、求める学生像、研究内容、学会発表、研究が社会に実装されるイメージについて紹介がありました。皆さんじっくりと耳を傾 […]

Read More »

WHAT WE DO on August 2021

イノベーション・ジャパン2021~大学見本市 Onlineに参加しています. 全国大学等の技術シーズを一堂に集め企業へ紹介.技術移転等で研究成果の社会還元を促進する,今年18回目を迎える国内最大規模の産学連携マッチングイ […]

Read More »

WHAT WE DO on July 2021

最近発表した論文を3回に分けてご紹介.いよいよ最終回です。 Episode3 ストーリーを魅力的に伝えるためにはどのような情報を視聴者に提示すれば良いのか?連続ドラマの冒頭で流れる「前回までのあらすじ」は,その代表的な好 […]

Read More »