濱﨑日菜子,山西良典,仲田晋:イラストの眼のハイライト位置に関する数理的検討,65(12), 情報処理学会論文誌,2024年12月(採択決定)

本稿では,イラストのキャラクタの眼のハイライト位置を数理的に分析し,適性位置への自動的な配置に向けて考察する.眼のハイライトは眼球の黒目に映り込む光源であり,現実世界では物理法則に従って位置が決まる.しかし,イラスト描画では必ずしも物理法則に従った配置とはなっておらず,イラスト独特の法則性を理解した描画が必要となる.本稿では,眼の描画パターンを「黒目のみ」「黒目と白目」「黒目と白目,瞳孔」の3種類に分類し,各パターンそれぞれでのハイライト適性位置を調査した.この調査結果をもとに,眼のハイライトを数理的アプローチで配置する方法を検討する.